• お財布ショルダー マホン(キャメル)
  • お財布ショルダー マホン(キャメル)

お財布ショルダー マホン

通常購入

¥19,800(税込)

キャメル

ブラック

シルバー

ゴールド

「肩に財布で両手にゆとり」 子連れおでかけ、こんなに楽チン

商品について

〈サイズ・仕様〉
横幅(W):19.5cm
高さ(H):11.5cm
マチ(D):3.3cm
カードポケット数:22枚
外側ポケット数:1枚
肩紐:113~133cm(3cmごとに7つの穴有り)

重さ:約320g
〈素材〉
牛革
※防水防汚加工はしていません。
〈生産国〉
日本
〈マホンのデザイン(白い糸)について〉
マホンのふた部分に付いている白い糸は、
HISAKOによるデザインでアクセントに付けています。
こちらの部分をご了承の上、ご購入いただきますようお願いいたします。
「白い糸が気にいらない」という理由での返品・交換はお受けしておりません。




〈マホンの金具について〉
金具部分には写真のように跡がございますが、錆びではございません。金具の開け閉めで起こる擦れから出来るメッキの剥がれでございます。
※確認のために何度か開け閉めしますため、お届け時点で剥がれている可能性がございます。

また、がま口部分に黒い跡がある場合は、がま口を閉める際の押さえ跡でございますので、何卒ご容赦くださいませ。
〈ご注文の前に必ずご確認ください〉
●お客さまのご都合によるご返品は、承りかねますことご理解いただけますようお願い申し上げます。
必ずお届け後すぐに傷や不良がないか、お確かめください。
●この商品は革独自の色・シワ・表情などの違いを活かした作りとなっております。
お届けする商品の仕様にばらつきがあることを、あらかじめご了承ください。
●デザインについて、詳細画像をよくご覧いただき、
ご納得の上でご注文確定をお願いいたします。
●人気商品のため、ご注文確定後のキャンセルはご遠慮ください。
種類・色のお間違えにもご注意ください。
●ボタンや金具に真鍮を使用している商品がございます。 細かい傷が見えますが、製造の都合上付くものでございますので、不良ではございません。予めご留意くださいませ。
●お客さまのご都合によるご返品は、承りかねますことご理解いただけますようお願い申し上げます。
〈キャメル 詳細画像〉























〈ブラック 詳細画像〉






















〈シルバー 詳細画像〉




















〈ゴールド 詳細画像〉




















Youtubeでチェック!

『marron』マホン ネーミング
革のお財布ショルダーの名前は、
ポルトガル語で
「茶色」を意味する

『marron』
 マホン

に決めました。

“マホン”という
音の響きやスペルから
なんとなく“まぁるい”雰囲気を感じます。

助産院ばぶばぶのコンセプトは
「まる」

赤ちゃんの
ふんわり「まぁるい」身体

妊婦さんの温かい
「まぁるい」おなか

みんなが集う
「まぁるい」心

「まぁるく」つながっていくいのち

「ママをハッピーにしたい」という
ばぶばぶの想いを統括して
最適なネーミングになったと
自画自賛です。
マホン開発物語
革のお財布ショルダーは
もともとわたし自身が欲しかったモノです。

「近所のスーパーへ」
「保育園の送り迎えに」

ちょっとお出かけするときにも
ママが必ず持ち歩きたいモノって
なんでしょう?ばぶばぶに通院されている
ママたちに話を聞くと
・母子手帳
・医療証
・スケジュール帳
・ペン
・リップクリーム
・ハンドタオル
さまざまな意見がありましたが共通して
全員の口から出てきたのは

・スマホ
・鍵

以上2点でした。

あれもこれも欲張って持つとすれば
サイズが大きくなって
もはやお財布ではなく
バッグになってしまうので

最低限のモノだけが入る
お財布ショルダーを
作ろうと思うんだけど
どうかなぁ?

ばぶばぶに来ているママたちに
そんな野望を話すと

「それ絶対にいい!」
「欲しい!」
「いつできるのですか?」

驚くほど
共感していただいて

わたしの欲しかったモノは
ママたちみんなが
欲しかったモノなんだ!
と確信しました。

ばぶばぶストアメンバーの
モチベーションも頂点へ!

こうして
開発がスタートしました。

スマホ、鍵が入る
おおよそのサイズやデザインを
イメージして厚紙で工作し、
何度もカタチを作った後
大阪市内にある
革職人さんにご協力をいただいて
カタチにしてもらいましたが
サイズ感がどうも大きく
見た目もイマイチ・・・

次に、革のエコー写真アルバムを
作っていただいている
革工房にサンプルを
見ていただき 一回りコンパクトにした
お財布を作ってもらえないかと
お願いしました。

できあがったお財布は
たしかに、 コンパクトになりました。

たしかに、 スマホ、鍵が入ります。

でも... 何かが違うのです・・・。

これでは どこにでもあるモノと
変わらない気がしました。

まだまだサイズが大きい?

もっとコンパクトにできる?

一般的な長財布に
ショルダーベルトを付けた感じのモノ。

わたしの頭の中にぼんやりと描かれている
イメージは ”長財布ショルダー”

極力シンプルで かわいくなるカタチを
さまざまな角度から考えばわたしたちの希望を
妥協なく職人さんにぶつけていきました。

何度も打ち合わせを重ねるうちに

●マチを何mm大きくすると小銭が取りやすくなる

●右きき専用にしぼりますか?左きき用にしますか?

●ボタンは、品質と使いやすさからこのサイズがいい

●ボタンの付け位置は母子手帳が入った時を考慮してこの位置がいい

●小銭入れはこの位置にすると取り出しやすい

●カード入れをこの位置に付けると、よく使うカードが出し入れしやすい

●ファスナーをこちらから閉じると使い勝手がいい

●ファスナートップに長めの革ヒモをつけると直接見なくても手探りでファスナーの開閉がしやすい

などなど

独自ブランドで
お財布を制作されているだけあって、
次々出てくるアイデアにびっくり!

職人さんの的確なアドバイスをもとに
機能性のよさとデザイン性に富んだ
完成系がついにできあがりました。

ここまで 発案から早1年が経過していました。

その後、 完成した試作品を 実際にわたしが数ヶ月にわたって 使ってみました。

便利すぎて感動です!
これ、スゴすぎます!

小銭はパパっと取り出せ
おつりを片付けるにもモタモタしません。

お財布に目をやらなくても
手探りで簡単にファスナー開閉ができて
買い物メモは外ポケットへさりげなく。

これまでスマホは 洋服のポケットに入れて 地面に落としてしまい、
液晶が割れちゃった〜!ガーン・・・!
なんてこともあったけど

お財布ショルダーなら
いつでもどこでもスマホを サっと取り出せて パっとしまえて

車の鍵も
家の鍵も
「どこいった〜?!」が皆無になり、

バッグの中からお財布そのものを
ゴソゴソ探す手間がなくなり
ストレスゼロに。

落ち着いた色とシンプルなカタチだから
どんな洋服にも コーディネートできてオシャレ。

テンション
上がる↑上がる↑↑↑

ただ、 使い続けると、

 ●ペンをココへ入れたい

 ●フタ付きカバーをつけたスマホを入れると厚みが出るので
今のボタンの位置だと締めづらい

 ●カギが入れにくい

 ●ファスナートップの革ひもが長すぎる

などなど
改善点も出てきました。

細かいことも
気づいた点はくまなく『ふく江』さんに伝えて
再び考えてもらい

「希望のモノをすべて入れても
 お財布全体が大きくならないよう
 マチをとることで厚みを出すと
 見た目のサイズ感を変えずに  作ることが可能」

とアドバイスをいただき
革のエコー写真アルバムと同じ しぼ付きの革を使って
改めてサンプルを作って もらうことになりました。

こだわってこだわって
ようやく思い描いていた通りの シンプルで優しい丸みを帯びた

ママにぴったりの
革のお財布ショルダーマホンが 完成しました!
今ではわたしの日常生活で
けっして手離せないモノとなっています。
使っていると、
「それ、カワイイですね。
え?もしかしてお財布?」
「見せてもらってもいいですか?」
ばぶばぶへ来るママたちにも絶賛です^^
ママは荷物が多すぎて
子どもと一緒のおでかけは、
荷物が多くてたいへんです。

半日、出かけようと思ったら
ママのバッグの中は

・おむつ5枚
・おしり拭き
・ビニール袋
・母子手帳
・着替え1組
・ソックス1枚
・スタイ2枚
・ガーゼ2枚
・おしゃぶり
・哺乳びん
・ミルク
・離乳食
・おやつ
・飲み物
・授乳ケープ
・おもちゃ
・お財布
・スマホ
・化粧ポーチ
・手帳

ざっと書き出しただけでも こんなに大量!

荷物は少しでも減らして 軽くしたいところですが

いざというとき困らないように・・・
と思うと最低限でも これぐらいにはなってしまいます。

ばぶばぶでママたちの荷物を観察していると
公共機関を使ったり徒歩移動のママは
リュックタイプのバッグを持っていることが 多いように思います。

両手が自由に使え
荷物が多く、重くても 肩への負担が少ないのがメリットですが
必要なモノを取り出すのに いちいち背中から下ろして 取り出したらまた背負って・・・

荷物を取り出しにくいのが手間で
使いづらいと感じるママもいるようです。

車移動のママは
容量の大きいトートバッグを 使っていらっしゃることも多いようです。

ただ、トートタイプは 片手でバッグを持つので
いつも両手をあけておけないという デメリットがありますね。
いずれにしても、 ママは自分の荷物に加え
子どもの荷物で 本当にたいへん!!

いざお財布やスマホを出そうとしたとき、
大荷物のバッグの底なのか、
サブバッグに入れたのか、
「ここにあるはずなのに、どこ〜?!」
なんて事態に陥ることは日常茶飯事です。

自転車に乗ろうと思ったら
「あれれ?
 鍵はどこに片付けた?」

子どもを待たせて
あっちこっち手を突っ込んで
ゴソゴソ探す作業は けっこうなストレスになります。

メインの大きな荷物は別の場所に置いたり 預けたりしても
公園や児童館などで子どもと遊ぶときなど
お財布とスマホだけは身につけておきたい 場面は多いと思います。

だから、
斜めがけショルダーになっていて
ついでに鍵とスマホが入るサイズのお財布が 欲しい!!

おでかけ先でよく使うモノを
まとめて収納できて いつでもサっと取り出せる、
そんな用途のショルダーベルト付きのお財布は
既成で存在するにはするけれど
デザイン面、機能面、サイズも
わたしの納得がいくものがありません・・・

そんなわけで
ママたちのストレスや 心配を少しでも軽減できるように
ばぶばぶブランドで
こだわりのお財布ショルダーを作っちゃおう!
ということになりました。
取り外し可能な斜めがけできる ショルダーベルトがついていて
スマホと鍵が入るお財布。

これでもう

「お財布失跡事件」
「スマホ行方不明事件」
「鍵の蒸発事件」は無事解決です!
お財布選びは自分を知ること
長く使い続けることができるお財布とは
どんなモノでしょうか。
選ぶときにこだわる重要なポイントは

「愛着を持てるかどうか」

だと思います。 最初から完成しているモノではなく、
まるで子育てのように
そしてわたしたち自身が 生きている限りずっと 人として成長を続けるように
お財布も育てていくことによって 完成していくモノだったら
愛着を持って長く付き合っていける気がします。

革のお財布は使っていくうちに
手油などで光沢感が出てきます。
そうして年月をかけ 持つ人の生活スタイルや使い方によって、
オンリーワンのお財布に 成長していくところが魅力です。
インスピレーションを感じる お財布に出会えたとしても
使いづらいものはすぐに飽きてしまうので

「愛着を持てる」
プラス
「いかに使いやすいか」

機能性も見逃すわけにはいきません。

1人1人にお財布の持ち方 というのがあります。

カバンに入れて持ち歩く人や、
小分けして持ち歩く人、
愛着と機能性の両方が優れている
自分に合ったお財布に出会うことは なかなか難しいけれど

自分のお財布の持ち方と お財布の機能がピタリと合うことを 模索することが
お財布選びには大切なのではないかと 思います。
お財布を選ぶという作業は、
自分の行動、生活パターンを 客観的に観察することでもあります。
それは “自分を知ること”と言えるかもしれません。
子育てに追われ なんとなく生活が殺伐としているママは、
自分のお財布をチェックしてみてくださいね。
そこから見えてくる “今の自分”の姿が見えてくると思います。
レシートやお札がお財布からはみ出していたり、
パーツが取れていたり、
寿命を越えてボロボロになっていませんか?
お財布はお金の必要性に応じて誕生し、
姿かたちを変えてきました。
最近では、お金やそれと同じ価値を持つ カード類などであふれかえっています。

現在のお財布は
単にお金を入れるためだけのものではありません。

たくさんモノが溢れている時代だからこそ
お財布で中身を整理整頓し
その作業を通して
自分自身の状態に冷静に目を向けることのできる
力を養えると素敵ですね♪
革製品のお手入れ
●普段のお手入れ

革製品は
毎日お手入れするのが理想的です。

毎日・・・といっても
古くなった綿のTシャツのような柔らかい布で
優しく乾拭きしてあげるだけ。

乾拭きは革の表面についた埃を落とし、
若々しく光沢のある状態を保ってくれます。

そんなに手間にはならないはず。

ですが!

子育てで忙しいママにとっては
「その作業さえも手間なのよ〜!」って
悲痛な声が聞こえてきそうなので
普段はとくに何もしなくていい!

と思います。

●汚れがついてしまったときのお手入れ

革製品に汚れがついてしまった場合
できるだけ早く
お手入れしてあげることが大事です。

汚れがついてから時間がたってしまうと、
どんどん汚れが革の中に浸透していき、
落とすことができなくなってしまいます。

少しの汚れなら
軽く水を含ませた布で
優しく拭ってお手入れをします。

拭いた後はしっかりと陰干しして
湿気を逃してあげてください。

水分が多くしみ込んでしまうと
シミになってしまうので
あくまで、軽く水を含ませた程度の
布にしてくださいね。

経年変化で
手垢が目立つようになってきたときは
皮革製品専用のクリーナーを使います。

●濡れてしまったときのお手入れ

子どもとおでかけ最中に
急に雨に降られて

「帰ろうよ〜」と促すものの
「帰りたくないー!」って
ダダをこねられ
ママも子どももズブ濡れ・・なんてことも
ありますね。

お財布ショルダーは
コンパクトだけど
けっこうモノが入るので
小さく折りたたんだ
ビニール袋を1枚忍ばせておくことを
おすすめします。
急な雨でも救世主ジャジャーン!
ビニール袋で応急的に
くるんであげれば

大切なお財布を濡らすのを
最小限に食い止められると
思います。

濡れたままで放置すると
シミになったり、変形が起こり
形が元に戻らなくなってしまうこともあります。

できるだけ早く乾いた布でよく拭いて、
しっかり陰干してあげてください。

ドライヤーや
ヒーターの温風を当てるのは厳禁です!
また、
「ママ」という生きものは
はカラっとよく晴れた日には
ついいろんなモノを天日干ししたくなる
衝動にかられる性質がありますが

急激な乾燥は革にダメージを与え
収縮させるのでシワが残ってしまうことが
あるので
直射日光に当てることもやめましょう。

あくまで時間をかけて
徐々に湿気を逃してあげるように
しましょう。

しっかりと自然乾燥させた革製品は
水分と、革本来が持っている脂分も
抜けてしまった状態なので
仕上げに革用のクリームを塗りこみ
栄養分を与えてあげてください。

●防水スプレー

革は、お手入れも大事ですが
汚れにくく保つのが一番だと思います。
日常で使うものなので、汚れないというのは難しいですが、
定期的にスプレーしておくと
水も弾いて汚れにくくなります。
スプレーの種類や吹き方でムラ等出る場合が
ありますが、一般的な革バッグと同じように
革製品用のスプレーをご使用ください。

スプレーは離した位置から吹き付けてください。
近くから吹き付けるとシミになる場合があります。

●ミンクオイル

瓶入りの半固形なので、使うときに
シミになりにくいです。
塗ったあとは少しベタベタするので、
薄く塗り伸ばして乾燥させてから
ケアしたアイテムを
ご使用ください。

一度ケアすれば基本的には当分しなくていいと思います。
使っていて爪あとが付いたりしたとき
塗っていただくと目立たなくなります。

●革用消しゴム

ゴム状なのでシミになりにくく使いやすいです。
軽くなでるように、何度かに分けてこすってください。
強くこすると表面が剥げる可能性があります。

この商品ページをシェアする

こちらもおすすめ!Recommended

最近チェックした商品Recently Viewed